2007年10月20日 (土)

どんより。

天気予報では昨日の夜、関東は全部雨だった。

それで土日も天気が悪いのかと思って

なんとなく嬉しかったのに 起きたら

めちゃくちゃ晴天だった。 がっかり。

またひとりぼっちの暗い週末の始まりだ。

いつも精神的に参るのは 明け方。

平日は会社があるから、起きて出かける用意をばたばたしていると

なんでもなくなるけれど

休みの朝、なんとなく意識がはっきりしてくると

孤独がつらくて寂しくて

精神的に追い詰められる。

せめて雨なら少しは落ち着くのに

晴れていると余計落ち込む。

1人でこのままこんなに寂しい気持で孤独に生きていくなら

やっぱり早く死んだほうがましだ、と思ったりする。

私は病気かと思ったりする。

こんなに頻繁に明け方に精神的に参る人なんて

普通じゃないでしょう、と思ったりする。

でもMがウツになったころほど不安定ではないから

病院に行くほどではないのだろうと思っている。

 

自分が作る新しい家族って本当に大事。

殆どの人は その家族ができることで

精神的に落ち着いて

今までの家族にも優しくできるのだと思う。

 

いつもいつもKさんのことを思い出す。

いつもいつも。

 

********************* 

 

夜、チャリで買い物に行った帰り

反対から歩いてきた女の人に右腕が思いきりぶつかった。

相手の人はぶつかりにきた感じだった。

あんなに硬いって、肩かなぁ。

PC打ってる今もかなり痛いんですけど。。。

骨にヒビ入ったか?

でも痛いだけで普通に動かせるから大丈夫だとは思うけど(>_<)

これから完璧に青あざになるなぁ。。。

シップしなきゃ。

  

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

気分の悪い朝

寝起き、気分が悪かった。時々なる。

寂しさにがんじがらめにされて 苦しくて 孤独の中でもがいている。

こんな恐ろしく孤独な気持、

Sは一度も体験したことがないんだろうなぁ。

そして 私と似た様な境遇でも こんな感情のわかない人も

世の中にはきっと沢山いるのだろう、

私もそんな人になれたらいいのに、と真剣に思う。

私にはこれが修行なのかもしれない、とも思う。

安定剤でも飲んだほうがいいのか、と

ぼうっとした頭の中で考えつつ

起きてしばらくすれば普通の生活の中に

気がまぎれる事がわかっているので

どんよりした気持の中で出社の支度をする。

昨日、Sたちが来てくれた事には感謝しているのに

なんとなく緊張したり落ち込んだりしたのが

関係しているのか。。。

きれいな満開の桜を堪能して 桜にはとっても癒されたけれど

ひとりぼっちで寂しかった。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

寂しい気持ち

今朝 起きたら久しぶりにあの孤独の恐怖に襲われた。

Kさんと別れてから陥った恐怖。

10年以上たった今でも時々あの感情の淵にたつ。

私には誰もそばにいてくれないという恐ろしさ。

Mが一緒に住んでいるとはいっても、

もう私が守ってあげなければいけない立場なので

私が頼れる人はいないのだ。

この世にひとりも。

朝から憂鬱。

Mも孤独と戦っているけれど、

彼女には子供がふたりもいるから私とはまったく違う。

もう私には老後が始まっているのかもしれないと思う。

今はまだ若いから寂しくても好きなようにしているけれど、

これから恐ろしく寂しい年月を

この孤独の中で過ごさなければいけないのかと思うと

Mより早くこの世からいなくなったほうが

絶対寂しくないよな、と思う。

神様が決めた日まで 自分からは死なないけれど。。。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

心と心

どうしてうまく心が通わないんだろう

私はなるべく人のことを悪く思いたくない

 

文句を言われれば、とりあえずその人の気分を悪くさせてしまったことを

申し訳なく思う

 

相手が怒っているときに こちらの状況を説明しようと言い返せば

相手が余計感情的になってしまうのがわかっているから

そんな お互いが余計いやな気分になるようなことはしたくない

 

怒っている人に穏やかに人の話を聞いてもらう気持ちにさせるすべを

私は知らない

 

相手の気持ちや行動の理由を考えることを忘れて

自分がすべて正しくて相手がすべて悪い と 怒り続ける人が

私には理解できない

 

(私があなたの立場だったら謝ることはしても怒るなんてあり得ないのに。

もし逆の立場だったとしても絶対私が怒られているんだろうなぁ…。

お互いがお互いを思いやればそれで簡単に気持ちよく仲良くなれるのに。)

と思いながら私が悪いと思うことは謝った

 

それでもただひたすら怒り続ける人をみていると

(やっぱり私がもっと反省しなくてはいけないのか、

いやそんなことはないでしょう?)

と1人で考え込む

 

どんなに悪く言われても、その人のことはできるだけ悪く言いたくない

それって魂の成長だと思っている

でも黙っていれば相手は気がつかない

それって間違っているのだろうか

 

その人と私の魂のつながりも考える

その人と私ってどこかの前世でつながっていたのだろうか

謝っても流しても私に詰め寄ってくるその人は 私とつながっていたいのだろうか

それとも私を成長させるために神様が私に出会わせたのだろうか

 

万人に好かれるなんて無理なことだとわかっているけれど

何億もの人口の中で 奇跡的に知り合った人とは

少しでも仲良く 楽しい時間を過ごしたいと思っている

 

もう2度と会うことはないと思うけれど、どうかこの思いが通じますように

 

そしてとにかくもっと人の気持ちをわかってあげられる人になれますように

 

神様どうかお導きください

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)