« 20周年のディズニーシー | トップページ | 2021 10 30 ブンブブーン テルマ光一の豚肉手料理 »

2021年11月 2日 (火)

渋谷Bunkamura展覧会 甘美なるフランス

 

2021年11月某日

渋谷Bunkamuraザ・ミュージアム

で開催中の

ボーラ美術館コレクション展

甘美なるフランス

に行ってきた

 

 

 

Dscn9985

エントランス

 

人の高さ位の大きなポスターになっていた

ラウル・デュフィ作「パリ」

(パリのいろいろな建築物が

朝から夜へ流れる時間の中に描かれている)

 

 

館内は

1章 モネ、ルノワールの時代

2章 セザンヌ、ゴッホの時代

3章 マティス、ピカソの時代

4章 ユトリロ、シャガールの時代

と、

時代の流れに沿って展示されていて

わかりやすく、楽しめた

 

 

 

Dscn9991_20211105092401

 

 

 

Dscn9996_20211105092501

 

大好きなモネの「散歩」と

実際の色がとーってもきれいだった

ピエールボナールの「ミモザのある階段」の

絵葉書を買った。

 

左下 シスレー「ロワン河畔、朝」

 

右下のキスリング「花」は

白いチューリップのような花びらの縁が

銀色にキラキラ輝いていて

とってもきれいで

それがものすごく印象に残った

 

 

 

その他に気に入った絵は

 

ジョルジュブラック

「ティーローズの花籠」

暗いけどおしゃれ

 

 

シャイムスーティン

「青い服を着た子供の肖像」

 

 

ジュールパスキン

「果物を持つ少女」

とても好きな岩崎ちひろさんのタッチを

なんとなく思い出す絵だった

 

 

 

 

 

 

 

|

« 20周年のディズニーシー | トップページ | 2021 10 30 ブンブブーン テルマ光一の豚肉手料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20周年のディズニーシー | トップページ | 2021 10 30 ブンブブーン テルマ光一の豚肉手料理 »