« 2019 9 21  ブンブブーン 橋本環奈 | トップページ | 仲良くしよ »

2019年10月 5日 (土)

言い方を考えてしまうお礼

 

SHOCK最終日、ネットで

チケットに関することを検索していたら

数日前にお礼を載せている人がいた。

 

×回観劇できたのも、いろんな角度で観劇できたのも

かかわってくれた皆さんのお陰。

 

というような内容。

本当にお礼を言いたい気持ちも感動している気持ちも

よく伝わった。

 

でも

どうして最終日より前に書いちゃうのかな、と。

だって探してる人まだたーくさんいるのに。。。

一度も観劇できない人も多分沢山いるのに。

 

悪気がないのはわかる。

お礼の気持ちを伝えるのは大事だし、

とても良いことだと思うけど、

(ずいぶん観劇した人なんだなぁ)

と思われる数字を書くなら

それは1度も観劇がかなわなかった人たちのために

せめて千秋楽のあとにするべきではないか。と。

  

  

これを書いていて思い出した。

いつもチケットを探しまくっているときに思うこと。

 

どちらがいいんだろう、といつも悩むことなんだけど。

 

観劇できる立場の人が

チケットを譲ってほしいとお願いされた沢山の人へのお断りのときの

どうか皆さんも取れますように。という優しいお礼の言葉。

 

その人は絶対本当に優しい気持ちで言っている。

でも取れなかった人にとって、

どんなに頑張っても最後まで取れない可能性のほうが多い人にとって

観劇できる立場の人からのその言葉って

ちょっと上から目線に感じやしないか。と。

そういう言葉を見るたびに

言うのと言わないの、どちらがいいんだろう、といつも悩む。

 

 

 

 

 

|

« 2019 9 21  ブンブブーン 橋本環奈 | トップページ | 仲良くしよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019 9 21  ブンブブーン 橋本環奈 | トップページ | 仲良くしよ »