« 草彅剛主演ドラマ 「嘘の戦争」 最終回 | トップページ | 今日のSHOCK より深いところへ »

2017年3月17日 (金)

2017 3 12 ブンブブン 落語お手伝い

 

 

2017 3 12 オンエア

 

KinKi Kids の ブンブブーン

 

ゲスト 林家たい平

 

 

 

今日は船橋で落語の舞台のお手伝い。

 

 

 

オープニング、

 

どこかの駅前広場みたいなところで

 

ここは船橋、と光ちゃんが言うのを聞いて

 

また光ちゃん遠いとか知らないとかディスるのかと思いきや

 

「私 昔 住んでたことあります。西船に。」

 

そうだ。そうだった。千葉県に住んでたんだっけ。

 

西船なんだ。

 

 

 

こんなにのどかな感じなんだー

 

と思っていたら駅前ではなく

 

船橋市民ホールの前の広場だった。

 

 

 

ホールの中の廊下や楽屋はとてもきれい。

 

新しい建物っぽい。

 

 

 

師匠がふたりにピンク地と青地の

 

ストライプ柄の着物を用意してくれたのは

 

ありがとう、でも

 

光ちゃんの半襟もピンクなのが

 

どうにも気になる。

 

あれは白にしてほしかったなぁ。。。

 

 

 

一番太鼓を二人でたたくことになって、

 

光ちゃんが練習で太鼓をたたきだした。

 

大きさも形も違うけれど、

 

和太鼓だからすぐSHOCKと重なった。

 

そしていつも死ぬ気で

 

力いっぱい叩いているところしか見たことがないので

 

このたたき方のゆるさに驚く。

 

あたりまえなんだけど。笑。

 

それでも反射的に驚く。笑。

 

 

 

剛クンが舞台の高座に上がるときに

 

「この経験はないですね」

 

と言った。

 

ちょっと小噺をしたあとに

 

「体感したことない。特別なアングル。」

 

と。

 

そうなの?

 

剛クン小喜利でいつも

 

こういう高座に座ってるんだと

 

勝手に思っていた。

 

 

 

光ちゃんも高座に上がって

 

師匠の花火を真似していた。

 

なかなかうまかった。

 

 

 

光ちゃんは何年か前に

 

兄弟で座布団の上に座って

 

小噺やってたよね。

 

最後、たしか転げ落ちるオチだったことと、

 

そのとき

 

芸能人ってほんと達者だなー

 

と思ったことを覚えている。 

 

 

 

次に高座返し(座布団をひっくり返す)の練習。

 

光ちゃんは目次をめくった後ターンを要求されていた。

 

ナイス、師匠。笑。 

 

 

 

本番、光ちゃんが太鼓をたたく構えが、

 

やっぱりいつもSHOCKでたたいているからか

 

すごくキマって見えて

 

その姿が見られただけでも嬉しい(^-^)

 

でも

 

それなのにたたく力が弱すぎて

 

いつもと違うからなんだか変な感じ。笑。

 

 

 

舞台ではまず剛クンが高座返し。

 

目次をめくったあとにゆっくりターンもしていた。

 

そしてそでに下がってから

 

座布団の返し方が間違っていたことを

 

師匠に指摘された。

 

弟子だったらものすごく怒られるらしい。

 

でもさ、それって練習の時に言ってくれなきゃねぇ。

 

言ってくれていれば絶対間違えていないのに、

 

剛クンがかわいそうだった。

 

 

 

光ちゃんもそのあと高座返しと

 

SHOCKみたいなきれいなターンをしてさがり、

 

最後の落語の後に

 

二人が紹介されて公演は終了。

 

 

 

今日はふたりが頑張る回だったから

 

普通に楽しく見ることができた。

 

今回みたいに

 

いつもふたりがなにか頑張ってくれる番組だったら

 

毎回楽しみなのになー。

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 草彅剛主演ドラマ 「嘘の戦争」 最終回 | トップページ | 今日のSHOCK より深いところへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 草彅剛主演ドラマ 「嘘の戦争」 最終回 | トップページ | 今日のSHOCK より深いところへ »