« 草彅剛 「嘘の戦争」 8回目 | トップページ | 今日のSHOCK »

2017年3月 2日 (木)

堂本光一 @ テレ朝 関ジャム

2017 2 26 オンエア

堂本光一 @ テレ朝 「関ジャム」

 

 

最初にこの番組に光ちゃんが出ると知ったときは

ちょっと複雑だった。

兄弟が突然終わったあと

入れ替わりのように真裏で始まった

兄弟と同じような音楽とトークのジャニーズ番組だったから。

関ジャムを見たら兄弟を思い出して悲しくなるので

今まで一度も観たことなかったけど

光ちゃんが出るから初めて見た。

光ちゃんはもう割り切ってるかな。

兄弟が終わったのが2014年の9月だから

考えたらもう2年半も経つんだもんね。

あー、もう2年半も経つのか。

早いなぁ。。。

 

今回はSHOCKの特集だった。

そう思っていなかったので嬉しかったし

そういう意味では

思ったほど兄弟を思い出すこともなくてよかった。

 

嬉しかったのは

演者や演奏者や裏方さんに指示している

演出家としての光ちゃんの様子を映してくれたこと。

ああいう映像あまり見たことないから。

 

フライングの説明のときは

ストーリーにのせて

後半は命を削る気持ちでフライングしている

と言っていた。

それは目覚ましテレビで先に話していたので

光ちゃんはずっとお世話になっていたフジに

気を遣ったのかな。と思った。

考えすぎ?

偶然かな。

 

人力のフライングについては

テレ朝さんが手の込んだ滑車のフリップまで作って

リハーサルの裏方さんを含めた映像を

随分流してくれた。

テレ朝って慎吾の新選組!の時も思ったけど

ゲストとそのファンのために

深いところまでやってくれるのが好き。

 

ハーネスが浮くのがいやだから

見栄えのために

痛くても身体から離れないように

ハーネスをきつくしているのか。

大変だなぁ、コウイチ。

 

フィギュアスケートを参考にして

後姿の美しい見せ方にこだわっているのも初めて知った。

 

初めて2階席に着地したときの

観客の様子を話す光ちゃんが面白かった。

その着地についての原理も

光ちゃんがフリップを使って

すごく丁寧に説明してくれていた。

 

舞台は1階と2階のお客さんがどうしても分離してしまうから

と言っていた光ちゃん。

そうだよねぇ。

ほんっと、そう思う。

1階と2階では伝わってくる空気感がまるで違う。

それをよくわかってくれているのが嬉しかったし

その壁を少しでも埋めるために

通常では不可能な2階着地を実現した

発想と努力がとても素晴らしいと思った。

 

舞台から客席に落ちたことがあるというのには

ちょっとびっくり。

いつのことか知らないけど、大丈夫だったのかなぁ。

2度と繰り返さないために

きっと貴重な経験になったね。

 

 

初期のSHOCKは ちんぷんかんぷん、

と言っているのを聞いて

その時からSHOCKを観ている人が

「これ帝劇でやっていいの? とハラハラした」

と言っていたのを思い出した。

私は以前

テレビでちょっぴり流しているのを見たことがあって

その時その人と同じことを思ってびっくりした。

私が見た場面も

これ本当に帝劇でやっていたの??

テレビで流さないほうが。。。と

それこそショックだった。

 

私が初めて見た2012年のSHOCKは

すでに素晴らしいエンターテイメントで

恐ろしく感動したので

そのギャップのすごさが信じられなくて

がっかりしてしまう自分と

そういう時代からここまで進化したんだから

それが素晴らしいと思わないと

と思う自分がいて、

昔から光ちゃんのファンで

その成長が楽しみで今までずっと観ている人と

彼のすべてが好きで

昔からのなにを見てもすべて受け入られる人と

私はそのどちらでもなく、

SHOCKに命がけで臨んでいる

舞台人の堂本光一に魅せられて

彼を好きになった人間だから

それがいつも心にちょっとだけひっかかっている。

 

 

目覚ましテレビでも話していた

ジャニーさんと衝突した「夜の海」のエピソードの後、

光ちゃんのジャニーさんへの思いを聞けたのは

嬉しかった。

 

2005年から光ちゃんが大幅に関わっている

作・構成・演出を今でも

ジャニー喜多川

にしているのは

もし SHOCKがつまらなくなった

と言われたら

それがジャニーさんの傷になってしまうから、

絶対それだけはしちゃいけない

という免罪符のようなもの

とのことだった。

そうなんだ。

いつも

どうしてジャニーさんの名前だけなんだろう

と思っていた。

そういう光ちゃんの気持ちからだったのか。

 

 

その後 他のジャニーズの舞台も沢山紹介していた。

事務所としてはジャニーズの番組だし

ここぞとばかりに他の舞台の宣伝もしたかったのだろうけど

勝手に

「SHOCKは別格」

と思っている私は

ゲストが光ちゃんなんだし、

紹介するのはSHOCKだけにしてほしかったなぁ

と思ってしまった。

 

だからブログではスルーしようと思ったけど

ひとつだけ

どうしてもくだらなすぎて

スルーできないものがあった。

桶ダンス。

なにあれ。

初めて見た。

気持ち悪。

個人的にはお金をもらっても観たくない。

それこそそういう世界の人が好きなんじゃないの?

と思ってしまった。

 

あの舞台を考えた人にがっかりした。

きっとやりたくないのに

やらされた男の子もいるんじゃないの?

とにかく気持ち悪い。

 

私はああいうノリがものすごく苦手なので

あんなにすごいSHOCKを作っている事務所で

あんなノリの舞台もやっていたことに

心底がっかりしたし

とにかく気持ち悪い。

 

 

(追記)―――――――――――――

3月5日のワイドナショーに

まさに桶ダンスみたいな芸人が出てきて

R1でトップになったと知って

ものすごく びっくり した。

あの芸がだんとつで1位なの!?

世の中の人たちって普通のお笑いより

ああいうのが好きなの?

もうほんとにびっくり。

―――――――――――――――― 

 

 

その後マスクが紹介された。

マスクはいいよね。

ジャニーズの伝統芸なのか。

知らなかった。

 

SHOCKを知ったあと、

2回だけ行ったタッキーの舞台でマスクを見たとき

ものすごく不思議でとっても引き込まれた。

SHOCKと一緒に宣伝するなら

誰がみてもああいう

本当に素晴らしいと思える部分だけにしてほしい。

 

 

関ジャニが話していた

タッキーの舞台の事故の最中の話。

ジャニーさんが全員を集めて

「役者の熱はファンに伝わるから

みなさんが機構以上のものの動きをしてください」

と言ったとのこと。

私が感心したのはその話の続きの

「きみたちが衣装で、きみたちが照明なんだよ」

という言葉。

やっぱりジャニーさんはすごい。

 

好きじゃないところもあるけど

やっぱりジャニーさんは

日本のエンターテイメント界をけん引している

数少ないトップの中のひとりである事を

改めて感じた。

 

 

最後に関ジャニとセッション。

光ちゃんのソロの曲

「Slave Maker」。

ワンフレーズだけ聞いたことある。

ちゃんと通して聞いたのは初めて。

かっこよかった。

B'zの曲みたい。

光ちゃんもかっこいいけど

稲葉さんが歌っているところも見たい気がした。笑。

稲葉さんが歌ってもかっこいいだろうなぁ。。。

こういう雰囲気大好き。

最近テレビでかっこいい光ちゃんを見ても

泣かなくなったけど

久しぶりに泣いた。笑。

 

 

で。

Slave Maker ってどんな意味?

とググったら

他種のアリの巣を襲い、若虫をさらって奴隷に育てるアリ

だって。

怖いわー (/\)  笑。

みんな思っちゃうんでしょ、

光一さんなら Slave Maker になってほしー。って。笑。

 

あーかっこよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 草彅剛 「嘘の戦争」 8回目 | トップページ | 今日のSHOCK »

コメント

こんばんは。
放送がない地域なので某所で見ましたが
多分落ちたのは舞台ではなくコンサートのステージからだと思います(記憶違いかもしれませんが…)
ステージから落ちたのは何回か見ました(゜ロ゜)
ステージ上の階段で歌ってる時に階段をふみはずした事もありますし
ステージをバイクで走っててバイクごと落ちた事もありましたけど、今まで大きい怪我もなくて良かったですが、
気をつけてもらいたいですよね(^^;

投稿: haru | 2017年3月 6日 (月) 20時10分

haruさんこんばんは。
そうでしたか、何度も落ちたことが!
大事にいたらなくてよかったです。
若くてパワーがありあまってたのかな、笑。
もう落ちないようにしないと、アラフォーですものね。
コメントありがとうございました(^-^)

投稿: さざびー | 2017年3月 8日 (水) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 草彅剛 「嘘の戦争」 8回目 | トップページ | 今日のSHOCK »