« 国立西洋美術館 モネ展 | トップページ | 2014  3  2  新堂本兄弟 »

2014年3月 2日 (日)

SHOCK 今までで一番舞台に近い席

2014年3月某日

 

( 純粋な感想ではありません。)

 

 

今までSHOCKを観た中で一番舞台に近い席。

C列サブのセンター寄り。

良い面、そうじゃない面、 沢山発見があった。

 

 

最初のバックステージの場面。

屋良さんが ものすっごく 汗をかいていて それがすごく気になった。

いつもあんなに汗かいてるのかなぁ?

光ちゃんもかいていたけど屋良さんほどではなく。

舞台上はかなり暑そうだった。

帝劇って客席は意外と寒いイメージがあるんだけど

今日の席は暑いくらいで。

だから舞台上はあっついと思われた。

いつもストールが要るんだけど、今日は全然必要なかった。

舞台の上って、いつもあんなに暑いんだろうか。

最初だけ?

それとも今日だけ?

 

 

初めてモグラの気分になった。笑。

舞台が目の高さなので、

地面から目のところまで出してコウイチ達を観ている感じ。笑。

そしてちょっと意外だったのがアウエイ感。

2階ほどではないけれど、

舞台のみんなは もっと後ろの人たちを照準にしている。

ま、考えれば当たり前なんだけど

モグラは相手にしてくれないのネ。って。笑。

 

そして、ほかのモグラさん (失礼、でもかわいい意味でね(^-^)) の

ちょっと出た頭や、舞台上の誰かと重なって、

時々コウイチが部分的に見えないところがあったりする。

 

one day の時は ちょっと首が疲れた。

そして顔をあげていても

客席天井の満点の星は残念ながら一切見えず。

 

コウイチが死んじゃうときも

舞台の脇の窓の中の先生も看護婦さんも

一切見えなかった。

 

でも合戦のときの太鼓とドラムは

右からドラム、左から太鼓の降り注ぐナマ音に感動した。

 

音といえば、近いからこそ気が付いた 「 ?  」 と思った音は

男性ダンサーが本当の火じゃない松明を持っているとき。

カチカチカチカチずっと音がしていて

最初、なんの音だろう、と思ったのだけど

あれ、松明の電気の音だ。

持ち手に赤いスイッチ(多分)が付いてた。

けっこう気になる音だった。

 

 

今日はコウイチが赤い革ジャンを着ている広場の場面で

思いもよらず泣いてしまった。

席が下手側だったから

コウイチが沢山真近で見れる♪って期待はしていたけど

個人的には想像していなかったこの場面で

かなり舞台の前に出てきてくれた時があり

それが本当に目の前の位置だったので、

「目の前にコウイチがいるー (T_T) 」 と

もうかっこよくてかっこよくて泣いてしまった。笑。

 

逆に、コウイチが死んじゃったあとのアドリブの時間、

リカが背中に抱きついてカニ歩きするときは

かなり近距離を想像していたんだけど、

思ったほど二人の立ち位置が舞台の前のほうではなくて、

ちょっとがっかりした。

 

それから観客を年寄り扱いするところ、

あの場面は コウイチ 客席を見てくれるかもー♪

と密かに期待していたのに、まったく見てくれなかった。

やっぱりモグラには興味がないらしく(笑)、

視線は少し後ろの方で、

でも ちゃんと客席を見ている感じではなかった。

台詞が台詞だけに

ちゃんとお客さんを見たら悪いと思ってるのかなぁ。

でもああいうときはお客さんと目をあわせるのも

楽しいと思うんだけどな。

 

昔、宝塚を一度だけ見たことがある。

宝塚の最前列センターのチケットをいただく機会があり、

せっかくだから一度観てみよう、と行ったとき、

目の前のタカラジェンヌさんとしばらく目があいっぱなしで

びっくりした経験がある。

話によるとタカラジェンヌさんはそういうサービスをするらしい。

ファンの人は たまんないよね。あれ。

 

もりくみさんと屋良さんは

「あー、今 客席の人と目があってるかも。」

って思う場面があったけど、

光ちゃんはシャイだからか

舞台を通して最初から最後まで

お客さんをしっかり見ているような場面はなかった。

 

でも!

一瞬、というか もう 0.1秒くらい

   ( 今コウイチと目があったでしょー!!)

と勝手に思う場面が2回あり。←笑

もうほんと私の自己満足の世界で、

彼の視界に入っただけで

意識をもってこっちのことなんて観てないんだけど、

   (今コウイチの視界に私、絶対入ったー!)

って勝手に喜んだ瞬間があった。笑。  

 

 

Higher の時の発見。

左袖でずーっと屋良さんが演技していた!

一昨年初めてSHOCKを観たときから今まで、

めちゃくちゃかっこいいダンスをするコウイチにくぎ付けで

一度もトモユキに気が付かなかった。

(屋良さん、ごめんなさい)

でも今日の席ではすぐそばで屋良さんが熱演してるから

それが気になってコウイチに集中できなかった。

ある意味 残念。笑。

でもね、屋良さんの事もずっと見ていたかった。

だってほんと、あれ、かなり大変だと思う。

一曲やっている間ずーっとひとりで踊らないで演技してるんだから。

それで!

個人的にかなりびっくりしたこと。

コウイチ、時々トモユキの事を見ながら誇らしげに踊ってた!!

なんかちょっとだけ、

( コウイチ やな感じ…。)

って思っちゃった。

知らなきゃよかった、あんなにかっこいいのにー!笑

でもちゃんとそういうところまでお芝居してるのねぇ、

と感動。

 

そのあと、バックステージの場面でトモユキがコウイチに

「何度その誇らしそうな顔を見てきたか…」

とかなんとか言う台詞は

このHigherのふたりの視線も ちゃんと前フリになってるんだー!

と、勝手に納得!

 

(正しい台詞は

「そうやって勝ち誇った顔 何年見てきたと思う」

by DVD 2012年のウチ)

 

 

時々気になること。

コウイチ、汗で髪の毛がおでこに横にぴーって張り付いてる日があるよね。

あれ、かなり気になる。

それが今日はすごくて。

あれどうにかならないのかなぁ。

本人も気になるんじゃないかなぁ。

でも動き回るから髪にスプレーとかしちゃうと

余計変になっちゃうのかなぁ。

なにか良い策はないのかなぁ。。。

 

(あら、2012のDVDでも張り付いてるー。)

 

 

 

そして赤い革ジャンのコウイチに続き

再び泣いたのが

後半 白い衣装で トモユキと太鼓を叩く前の場面。

何度も見ている場面だから

ここで泣くなんて思ってもみなかったけど、

近距離で見ていると、どんな動きも

全 身 全 霊 で表現しているコウイチの真剣さが

もうほんっとに ひ し ひ し 伝わってきて

 

(見た目じゃなくて)

な ん っ て  か っ こ い い ん だ 、この人は (>_<) !

 

と思って涙が止まらなくなった。

もうその後はラダー終了まで涙涙。

ラダーの時なんて、

後ろを向いてもあんまり見えないんだけど

とにかく涙。笑。

 

あー、かっこよかった…

今思い出しても泣いちゃう。。。笑。

 

なーんか また 余計 好きになっちゃった。コウイチ。

あーあ。

 

こんなふうにコウイチのことを近くで見られる日が

またいつか来るんだろうか。

舞台としてはいつも思っているとおり

たとえ後ろでもセンターのほうが見応えがあるんだけど、

こんなに好きになっちゃうと

もうそんな思いもどこかへいっちゃいそう。。。

 

でも次は きっとまた どこか遠くで見てるからね、コウイチ。

 

お疲れ様。

今日もかっこよかった。

ものすっごく、

舞台人として、

おっとこまえだった。

大好き。

どうもありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 国立西洋美術館 モネ展 | トップページ | 2014  3  2  新堂本兄弟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国立西洋美術館 モネ展 | トップページ | 2014  3  2  新堂本兄弟 »