« 昔の写真週刊誌 | トップページ | 六本木ミッドタウン カノビアーノ・カフェ »

2013年8月21日 (水)

2013 8 18  新堂本兄弟

2013 8 18 新堂本兄弟

ゲスト  秋元康、SKE48

 

 

光ちゃん インナーが白で襟ぐりの広い丸首半袖Tシャツ、

       黒いベスト、多分ジーパン。

       今日の光ちゃん、かっこいい♪

       なーんかこの格好、

       前に見たことある気がするんだよなぁ。。。

 

剛くん   襟ぐりが広くて丸首の白いインナー、

       襟が黒で黒地に白のペイズリー柄の

       ぺなぺなのジャケット、グレーっぽいGパン

 

 

秋元さんにSKEとのかかわり方について訊いた光ちゃんに

秋元   「こんな話、楽しいですか?」

私   (うーん、楽しくないでーす)

秋元  「みなさんが保護者会を観ているような感じで…」

とSKEファンの事を思いやる優しい秋元さん。

私    (いやいや、SKEファンはともかく、KinKiファンがですね、、、)

と思ってもそんな事は誰もきいてくれない。

でも仕方ない。

光ちゃんは進行役だし剛クンはゲストじゃないし。

それはわかっているんですけどね、、、

 

 

最後まで見た感想をいうと、

秋元さんのプロデュースについての話を聞く番組としては

フツーに面白かったけど、

ふたりのトークが目当てでこの番組を観ている私としては

その角度から見るとつまらなかった。

ということで。すみませんm(__)m

 

 

高見沢さんの熱烈ファンの話。 

昔、高見沢さんが車のカバーをはずすと

ファンの人の手によって

もやしがフロント一面に乗せてあった。

高見沢 「私の心を燃やし(もやし)て、って書いてあんの」

光一   「え゛!」

私    (うわ、光ちゃん、すごい声。笑。

       大変だよ、光ちゃんだったらー(>_<)

       ね、光ちゃん!)

高見沢 「フロント(一面)に もやしが こう。」

光一   「それは怒っていいわぁ」

秋元   「すごいでしょ」

私     (秋元さん、光ちゃんはあなたの言いたいこととは

      違う次元にいるんですよー。

      絶対ミラーにシール貼られたこと思い出してるでしょ、

      光ちゃん(>_<) 。

      大切な車になんてことをー!って。)

 

 

恋愛の話。

秋元さんが 諦められるなら恋じゃない って言ってた。

例えば友達の彼氏を好きになって

友達との関係がぐちゃぐちゃになっても

それでも諦められないのが恋だ、って。

そうかなぁ。。。

そこは、自分を最優先するかしないかの違いじゃないの?

誰かを不幸にするくらいなら諦める っていう恋でも

立派な恋だと思うけど。

もちろんそれであっさり忘れるなら恋じゃないけど、

諦めても忘れられなくて辛い気持ちでずっといるのも

立派な恋だと私は思う。

 

 

秋元さんがメンバーについていろいろ話していると、

光ちゃんが、以前SKEがゲストに出たときの

彼女たちの英文の訳を紹介した。

 

あー、あの時の人たちねー!

あの訳、爆笑したよなぁ。

あの面白かった回の人たちかぁ。

 

最後に 「なんてったってアイドル」 を唄っていた。

個人的には 前回の歌のほうが

100倍おもしろかったなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 昔の写真週刊誌 | トップページ | 六本木ミッドタウン カノビアーノ・カフェ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昔の写真週刊誌 | トップページ | 六本木ミッドタウン カノビアーノ・カフェ »