« 銀座 デンマーク ザ・ロイヤル・カフェ | トップページ | 2012 9 9 新堂本兄弟 »

2012年9月 9日 (日)

帝劇でのSHOCK

 

何気なく観たブログで

kinki が好きでも

SHOCK を評価していない人がいることを知って

ショックだった。

 

単なる好みで 好き嫌い、というのではなく

その方はミュージカルが好きで

ミュージカルという枠の中で 冷静に評価していた。

他の方の意見も一緒に載せていて

ちゃんと光一クンの努力は評価してくれていたけど

それでもあれはミュージカルとしてはつまらない、

レベルが低いと書いてあった。

 

私は 有名なミュージカルや 小さな舞台でのミュージカルを

たまーに観ることはあっても

ミュージカル通でもなんでもないので、

本当にミュージカルが好きな人には

そんな風に映るのか、と 、

光一クンファンでもなんでもなかった自分が

今まで観た舞台の中でダントツに感動したSHOCKを

そんなふうに感じる人もいるんだということが

かなりショックだった。

 

私もミュージカル通だったら 同じように思うのかな。。。

 

でも私も、SHOCKは

ミュージカルの枠を超えたエンターテイメント

と 初めて観たときにそう思ったので(誰でもそう思うと思うけど)、

そういう意味では捉え方が違うけれど

通じるところがあるのかもしれない。

だから そういう意味で、

帝劇という日本を代表する格式高い劇場でロングラン、

というのも本来のミュージカルを愛している人には

受け入れがたいのかもしれない。

 

そう思えば少し気持ちが楽になるのだけど、

SHOCKを観るまで

「天下の帝劇ってジャニーズ劇場になっちゃったの?」

くらいに思っていた私が、SHOCKを観てからは

「SHOCKだけは帝劇公演でも、誰も文句は言わないよね」

と思っていたので

ショックだった。。。

 

ミュージカルとしてはレベルが低い、

という捉え方で終わってしまって

帝劇の名に恥じない素晴らしいエンターテイメント

という風に思ってもらえていないことが

すごく悲しかった。

 

ただ 十人十色

いろんな考えがあって当たり前で、

私自身、

 他のジャニーズの舞台とSHOCKは一緒にしないで

と思ってしまっているくらいだから、

どの考え方が良いとか悪いとか 

そういう事ではないとは思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 銀座 デンマーク ザ・ロイヤル・カフェ | トップページ | 2012 9 9 新堂本兄弟 »