« 汐留D4 GRAND CHINA 飲茶食べ放題ランチ | トップページ | 稲葉浩志 enⅡ 武道館 2日目 2010/9/30 »

2010年9月29日 (水)

稲葉浩志 enⅡ 武道館 初日 2010/9/28

2010 9 28

 

今日は立ち見。

ステージ正面に向かって斜め右。

武道館の立ち見なんていったい何年ぶりだろう。

昔、横浜アリーナのサザンの立ち見で

ものすごい押しくらまんじゅうになって

LIVEが始まっても収集がつかなくて

みんなブーブー文句を言うくらい

ものすごくイヤな思いをした事があって、

きっと今日も会社帰りで早くは行けないし、

押しくらまんじゅうとはいかなくても

稲葉さんの姿が見えるポジションにはつけないだろう、

音だけ聞ければいいや、と

覚悟していったら

ちゃんと自分のスペースが決まっていた!すごい!

そして、前が手すりで

好きな時に手すりに体重をかけて見ていられるので

LIVE中は普通の席より楽だなぁ、と思った。

立ち見って、

いつからあんなシステムになったんだろう!

良いことだわ~(^-^)

でも難点は前のイス席の人と床の高さが同じ、ってところ。

小さい人は前のイス席の人が大きいと画面は見ることができても

生稲葉を見ることはできない。

隣の人がそうだったのでちょっとかわいそうだった。

 

ステージは

巨大な半円の骨組みがガーッと上がったステージ

(ざるの手前を持ち上げた感じ)。

最初にガーッと円が上がると中で稲葉さんが唄っている。

あとは大きな縦長の画面が6枚、

ステージの端から端まで平行に動くようになっていて

それがくっついて6枚になったり3枚になったり1枚になったり。

それ以外は炎と赤いレーザー光線。

LIVEはフツーに楽しかったけど、

やっぱりどうしても稲葉さんの曲ってブルージーなものが多いので

 

やっぱり私はB'zがいい。

松本さんにこのステージにいてほしいのに(;_;)

 

とLIVE中に何度も思ってしまった。

稲葉さんごめんなさい。

 

一番印象的だったのは

稲葉さんがイスに座って

その部分だけステージが上がる演出だった「透明人間」。

ファンになって15年、初めて稲葉さんが役者にみえた。

メッセージ性の強い暗い曲であまり好きじゃなくて

記憶にもあまり残っていなかったけど

稲葉さんの熱唱が心にしみて ぶあーっ と鳥肌がたった。

(LIVEで聞くとこんなに聞かせるんだなぁ)

としみじみ思った。

 

「遠くまで」、やってくれて嬉しかったけど、

やっぱりLIVEの「遠くまで」は

ずっと前にB'zのLIVEで最後の一言をマイク無しで

稲葉さんが ずーーーっと息継ぎなしで唄ったあれが感動的で

(あれ、やってくれるかなぁ!)

と期待したけどやってくれなかった。

 

あと、稲葉さんがブルースハープで弾いた曲は

B'zの もうかりまっか だと思うんだけど違うかなぁ?

思わず(歌ってほしい(>_<))と思ってしまった。

ちょっぴりでもB'zを感じられたことが嬉しかった。

 

それから最後に唄った「イタイケな太陽」。

会場を明るくして、とっても元気で楽しい雰囲気で

すごく良かった(*^-^*)

 

稲葉さん、お疲れ様です!

また明後日ね(*^-^*)

 

 

 

 

|

« 汐留D4 GRAND CHINA 飲茶食べ放題ランチ | トップページ | 稲葉浩志 enⅡ 武道館 2日目 2010/9/30 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稲葉浩志 enⅡ 武道館 初日 2010/9/28:

« 汐留D4 GRAND CHINA 飲茶食べ放題ランチ | トップページ | 稲葉浩志 enⅡ 武道館 2日目 2010/9/30 »