« 六本木 ヒルズ&ミッドタウン イルミネーション | トップページ | フジフィルム化粧品のCM »

2008年11月23日 (日)

銀座 アルマーニ・リストランテ

2008 11 23 (日)

 

銀座 アルマーニ・リストランテ で ランチ。

・・・・・・ 期待はずれだった。 

 

初めに間違えて降りた5階は

想像していた通りの とっても重厚な店構え。

5階はスパで、奥から出てきた女性は

間違えた私たちを とっても丁寧なお辞儀で見送ってくれた。

私たちを乗せたエレベータが上に上がっていくのと同時に

そのお辞儀をしたままの女性が下に下がっていくのをみて

(あ、エレベータ、透けてるんだ) と思った。

こんなにお洒落で洗練されたエレベータ、見たことない。

 

10階で降り、出迎えてくれた日本人女性と日本人男性は

予想通り丁寧だった。

でも予想通りはそこまで。

 

席に通されると周りのうるささに びっくり。

それは人が多すぎるせいなのだけれど、

まるで食堂みたいな雰囲気だった。

 

バッグはテーブルフックをもってきてくれて

そこにかけてくれた。

場所の有効活用なのはわかるけど

ちょっとびっくり。。。

大きなバッグだったら床に置くしかない。

 

でもそれはまだいい。

私たちのテーブルはイタリア人男性が担当で

典型的な陽気なイタリア人なのか、

鼻歌を歌いながら仕事をし、

テーブルはガラスなので

カトラリーを置くときに大きな音がしてしまうのに

それにも慣れてしまっているのか まるで気にならないらしく、

お皿が変わるたびに

カチャン! カチャン! と音をたてながら

カトラリーを取り替えていた。

斜めになっても気にせず

お世辞にも丁寧な所作とはいえなかった。

下げる時も 目の前で

お皿の上に また カチャン と 音を立てて

バッテンにカトラリーを重ねて置かれたのも

個人的に かなり気になった。

 

あの接客からいくと

このレストランは彼の中では

高級 という位置づけではないのだろう。

それとも あの

お客の多さと忙しさからくる ザワザワした空気と

イタリアの陽気な国民性から

あのような接客になってしまうのか。

 

とにかく 5階との雰囲気のあまりの差にビックリだった。

 

食事については 

前菜もパスタも 特別とっても美味しいとは思わなかった。

スープ と デザートのアイス と クッキー は美味しかった。

 

 

 * 3800円のコース *
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 六本木 ヒルズ&ミッドタウン イルミネーション | トップページ | フジフィルム化粧品のCM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座 アルマーニ・リストランテ:

« 六本木 ヒルズ&ミッドタウン イルミネーション | トップページ | フジフィルム化粧品のCM »