« 新宿 「カルタビアンカ」 | トップページ | カノビアーノ東京 »

2008年2月10日 (日)

ザ・リッツカールトン東京 アフタヌーンティー / 国立新美術館「横山大観展」

2008/2/10

今日は ザ・リッツカールトン東京 45階

ロビーラウンジで アフタヌーンティー。

P1040735  

 

 

 

 

 

 

ヘブンリー・タイム(TAX込み¥4730)。

アフタヌーンティーとしては

なかなかのお値段ではあるけれど、

とてもゆったりした空間で優雅なひとときを満喫できて

本当に心地よかった。

P1040740  

 

 1段目(二人分)

 

 

 

 

P1040739  

 

 2段目(1人分)

 

 

 

 

P1040737  

 

 3段目(ジャムとクロテッドクリームは二人分)

 

 

 

 

P1040738  

 

 4種類のジャム

 

 

 

 

1時から3時くらいまでいたけれど、

2時半からはピアノとフルートの生演奏もあり、

それも良かった。

わがままを言わせてもらえれば

お昼の時間帯も 生演奏の時間を作ってほしいと思った。

ペニンシュラも時間によって生演奏をしていたけれど、

狭くて イマイチざわざわしているペニンシュラ東京の

ロビーラウンジより よっぽどいいと思った。

最後に薬を飲もうと「お水をいただけますか」というと

「ミネラルウオーターになさいますか?」というので

普通のお水でいいです、と言うと

氷の入ったお水を持ってきてくれた。

でもテーブルの上に載っていた薬に気付くと

「温いお湯のほうがよろしいですか?」

と聞いてくれて白湯を持ってきてくれた。

さすがホテル。

おにいさん、お気遣いどうもありがとう(^-^)。

やっぱり昨日の新宿のイタリアンとは まるで違うわ。

 

ホテルをでて、国立新美術館へ行くために

ミッドタウンの中を通った時には すごい人ごみで

友達と 「あ~下界に戻ってきちゃったねぇ(>_<)」

と言いあった(笑)。

 

***********************

 

その後 国立新美術館 「横山大観展」へ。

P1040752  

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと混んでいたけれど堪能できた。

特に40メートルある絵巻物2本 ( 「生々流転」 「四時山水」 ) は

まるで自分がゆっくりトロッコ電車かなにかに乗って

景色を眺めているような気分になった(笑)。

気に入ったのはメナード美術館所蔵の「霊峰十趣・夜」

という うっすらうかびあがる富士山と月とともに

控えめにそれでもとても美しく輝いているいくつかの星の絵。

P1040758  

 

 

 

 

 

 

それから横山大観さんには少し申し訳なかったけれど

尾形光琳の「槇楓図屏風」があり、

それが目に入ったとたん

「あぁ私やっぱり尾形光琳のほうが好き!」 と思ってしまった。

紅白梅図屏風で有名な尾形光琳も好きな画家で

(なんてったって 何年か前のLIVEで

松本さんのソロの時間に

バックに出てきた絵が「紅白梅図屏風」風だった事が

個人的に忘れられない!)

数ヶ月前にコピー機かなにかの宣伝で

新聞に載っていた尾形光琳の絵が

とてもとてもとってもステキで その絵をすぐ思い出した。

それは東京芸大蔵と書いてあり

その時 「いつか絶対実物を見たい!」と真剣に思ったのだけれど、

今回の絵も東京芸大蔵だ。

もしかして!!!

あの新聞で観た絵は 今日観た絵だったの~!?!?

だんだんそんな気がしてきた~~~!!!

なんだかとっても嬉しい(;_;)

でも横山大観展だけに、

その絵葉書が無かったことが

とってもとっても残念だった。

 

 

 

 

  

 

  

 

|

« 新宿 「カルタビアンカ」 | トップページ | カノビアーノ東京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザ・リッツカールトン東京 アフタヌーンティー / 国立新美術館「横山大観展」:

« 新宿 「カルタビアンカ」 | トップページ | カノビアーノ東京 »