« 糸里後編。 | トップページ | 阿部総理。 »

2007年9月11日 (火)

ありえないクリーニング屋

シルク50%のワンピースをクリーニングに出した。

通勤着にしてはちょっと目立ってしまいそうな

お洒落なデザイン。

たった1度 着ただけだった。

それなのに…(T_T)。

クリーニング屋から持ち帰った次の日に

また着ようとして目を疑った。

ファスナーのつまみの部分が無くなって(@_@)、

それをつないでいた伸びるはずのない部分が無残にひきちぎられ

針金の様にぐにゃりとのびていた。

ありえなぁぁぁあぁあぁぁい。。。(≧□≦)

その日のうちにクリーニング屋に持っていき

「ちゃんと直してください」と言うと

そこのオヤジはきちんと謝ってくれるわけでもなく

逆切れするわけでもなく

ただ単に注文を受けたように のらりくらりと

「あぁこれねぇ…

じゃあそういうの付けてくれるところがあるから。

頼んでみます」 と言った。

3日後、私の留守中にクリーニング屋が

ワンピースを届けにきた。

とれたつまみは付いていた  のは良かった。でも。。。

白かったつまみは ところどころが かすれていて

無残にも鉛色がみえている(@_@)。。。

信じられなぁぁぁあぁあぁぁいいぃ。。。(≧□≦)!

またその日のうちに店に持っていった。

「びっくりしました!これ、ひどすぎません!?!?」

でもオヤジは前回同様 反省するふうでもなく

「あ~、これ、ウチの奥さんが落ちてたの、見つけてねぇ」

って。。。唖然。。。

謝るわけでもなく、どう対処するとも言わないので

「あの・・・メーカーに修理してもらって

修理代請求してもいいですか?」 と言うと 

のらりくらりと

「これ、ペンキぬればいいんじゃない?

白いの、さがして塗ってみますよ」

あきれかえったが、きっとこの程度の応対で

今までずっと運よくお店をやってこれた人たちなのだろう。

きっと嫌な思いをしたお客さんは離れていくか、

大事な洋服は出さないのだろう。

自宅でやっているクリーニング屋だから

もうちょっとはきちんと仕事しているのかと

思っていたのに。。。がっくり。。。

修理代を出す などという行動は

オヤジのアタマの片隅にもありえないようなので

「きちんときれいにしてくれるならそれでいいです」

と言って帰ってきた。

本当は心配なことがあった。

このオヤジのことだから

白いペンキで応急処置をするだけだろう。

そのあとクリーニングにだしたら

またすぐ剥がれちゃうんじゃないのぉぉぉ?????

でもそこまで話すのもイヤだった。

もう2度とあんな店 行くか(>_<) !!!  と思ったけれど

次に違うクリーニング屋で白いペンキが剥がれたら

どうしよう。。。泣。

また同じ店なら「ペンキ剥げた」って言えるけど。。。

でもそれをまた言いに行くのも

想像しただけで ものすごいストレス。。。(>_<)(>_<)

あ~やだやだ~~~!!!!!

今回のワンピースだけは わからないけれど、

もう2度と他の服はあんな店にはださない!!!

 

ふざけんなーーーーーーーー (≧□≦)!

 

 

|

« 糸里後編。 | トップページ | 阿部総理。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ありえないクリーニング屋:

« 糸里後編。 | トップページ | 阿部総理。 »