« 銀座三越「きむらゆういちの世界展」 | トップページ | ありえないクリーニング屋 »

2007年9月10日 (月)

糸里後編。

今日のほうが全然見ごたえがあった。

でも… 最後の土方 格好悪かったなぁ。。。

あんなに女々しい土方は見たくなかった。。。

原作が悪いのか、演出が悪いのか、

役者が悪いのか、 私にはわからないけど。。。

なんだか最後だけ

ものすごく安っぽい現代のラブストーリーを

あの時代の背景や服装に当てはめただけ、

という感じがして、

その前のお梅と吉栄それぞれのカップルの

最後の描き方が心に浸みただけに、

糸里カップルこそがメインなのに

この場面いらないんじゃない?と思うくらいに

イタイ気がした。

芝居はダントツに感動した小田茜の他に

梅と吉栄にも感心した。

ほたるちゃん、すごい女優さんになったなぁ。

吉栄役の人も若いのだろうに 本当にうまいなぁ、と思った。

上戸の演技も良かったけれど、

これほどの大役は今の彼女にはちょっとムリな気がした。

かわいくて、一途で、

太夫を夢見る少女で終わっていたら

バッチリだと思ったけれど、

小田茜太夫に圧倒されたこともあって、

太夫になる女性に備わっているであろう品や色気を

上戸から感じることはなかった。

器量のいい元気いっぱいの町娘役で

主役のドラマとかのほうが

今の彼女には ぜったい はまってると思うなぁ。

男性陣は中村しどうの鴨が かなり見ごたえがあった。

あの 「呼ばれなくても現れる捨助」も

アジがあって面白かったけれど、

今回はきっちり迫力のある鴨を演じていたと思う

(大きな声で笑う時だけ捨助を思い出したけど・笑)。

それから山本太郎にも驚いた。

サノスケの時は いつ見ても

(これ演技じゃないよね・笑。

やっぱり俳優じゃないから

「素でいってくれ」 くらいに言われてるんだろうな)

と思っていたけれど、今回は鴨派の平山を

ものすごくシブく、うまーく演じていてびっくりした。

顔つきからして、

あの おっぱっぴー 的(笑)サノスケを演じた人と

ホントに同じ人?と目を疑うくらい違っていた。

山本太郎は立派な俳優だ!

観る目がかわった(^-^)!

それから… 温水は なんだか観たままの、

さえないサラリーマンが ぼそぼそ話している感じで

台詞に抑揚がなく、この人ベテランじゃないの?

もしかして演技ヘタ??と思ってしまったのだけど

それは私の感受性がおかしいのだろうか。。。

終わってからTBSの番宣のページへ行って、

世間の感想を見てみた。

み~んな上戸と伊藤を絶賛していたので少し驚いた。

でも全体を通しては、

女たちの新選組 というタイトルどおり

幕末の女性たちの鼓動が伝わってくるようなドラマで

とりあえず良かったのではないでしょうか。

 

 

|

« 銀座三越「きむらゆういちの世界展」 | トップページ | ありえないクリーニング屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 糸里後編。:

« 銀座三越「きむらゆういちの世界展」 | トップページ | ありえないクリーニング屋 »