« お風呂と虫の音。 | トップページ | 糸里後編。 »

2007年9月 9日 (日)

銀座三越「きむらゆういちの世界展」

2007/9/9

 

銀座三越で開催中の

「きむらゆういちの世界展」へ行ってきた。

 

P1040068  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめの 「あらしのよるに」 のコーナー。

 

(あぁ、このアニメ、ずいぶん前に偶然テレビで観たナァ。

途中からだったから なんだかよくわからなかったっけ。)

 

セットが子供向けだなぁ…と ちょっとがっかりしながら

パーッと流した。

 

絵がたくさん飾られている展示会だと思っていたから。

 

そのコーナーの最後に絵本の原画と

絵本があったので立ち読みしてみた。

 

私がテレビでみたのは

記憶喪失になった狼が、友達だった羊を

えさとして洞穴にひっぱっていったところからだった。

 

だんだん思い出し、興味が沸いてきて

コーナーのはじめからきちんと物語を読んで進みなおした。

 

ところどころに小さな画面で映画の場面も流していた。

 

コーナーの最後に映画のラストも少し流していて、

二人の後姿から

いくつもの山や谷をずっとズームアウトしていく途中で

狼たちが住んでいる谷、

羊たちが住んでいる丘もあって、

 

(あ~、ふたりは

追手のこない安心できる場所を求めて

あ~んなに遠い所まで行っちゃったんだ

大変だったろうなぁ)

 

と思ったら

映画を見てもいないのに涙がでそうになった。

 

でも物語自体にはあまり感動できない。

 

だって自然の法則として

狼は羊を食べたいわけでしょ?

 

もし、友達じゃない羊がでてきたら

狼はその気持を我慢できるのか?

 

我慢しなくちゃいけないのか?

 

友達に見えない場所で捕まえるのか?

 

それとも羊以外の獲物を狙うのか?

 

訴えたいテーマもわからなくはないけれど、

現実的なことも考えてしまって

変な話だ。。。

と思うのは私だけでしょうか。。。

 

その他は子供が喜びそうなコーナーと

何人かの絵本作家の作品が飾られているコーナーがあった。

 

出た後のGOODS売り場に

配置されていたオネエサンたちは

子供相手をするように教育されているようで

大人ひとりの私にも「こんにちはー!」 と

異様に愛想がよかった。

 

お疲れ様です!

 

 

 

 

|

« お風呂と虫の音。 | トップページ | 糸里後編。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座三越「きむらゆういちの世界展」:

« お風呂と虫の音。 | トップページ | 糸里後編。 »