« お風呂と虫の音。 | トップページ | 糸里後編。 »

2007年9月 9日 (日)

輪違屋糸里 前編 +新選組! +海猿

2007 9 9

 

新選組 といったら、組!しか知らず

組!に どっっっぷりはまって

あのメンバー以外のキャストは

考えられないアタマになってしまっている私は、

土方が伊藤英明ときいて

山本クンじゃない土方を見たら

絶対山本土方を思い出して悲しくなるから

見るのやめようか、と思ったけれど

やっぱり新選組が気になって結局観た(笑)。

 

(個人的には伊藤英明は海猿での役が

むっっちゃくちゃハマリ役だと思っていて

海猿での伊藤英明は

むっっちゃくちゃかっこよくて大大大大大好きだったし

むーっちゃくちゃ感動したので

伊藤英明には ずっとあの人でいてほしい・笑)

 

組!で少し勉強したので 見るのは楽しかった。

 

でも やはり どうしても それぞれの人物が

組!のメンバーに上書きされてしまう。

 

あーあ、これが山本クンと慎吾だったらなぁ。。。

局長、CMでビール飲んでたなぁ。。。

 

それにしても海猿のときに

あんっっっなに輝いていた伊藤が

こんなに時代劇の芝居が下手だったなんて。。。がっくり。

 

ちょ、ちょっと… ぼー読みなんですけど…

と何度か思ってしまった。

 

それから、ドラマの中で とっても驚いたのは

土方が糸里に

「今後は多摩へ帰って百姓でもやる、

それが自分に合っている」

と言っていたこと。

組!の土方と180度違う人じゃないですかぁあぁああぁ(@_@)!

局長よりもいさましく、鬼の副長と恐れられ

あの時代をつっぱしっていた土方が

あんなこと言うなんて。。。

イメージがあまりにも違いすぎる。。。

 

それから土方が女好きでないところも納得がいかない。

それは、組!の時にいくらか史実を調べて

土方は女好きだった というのが私の認識だから。

だって でっち奉公だった10代のときに

すでに同じところで働いている女中のお腹を大きくさせて

解雇になったんでしょ?

あんなに格好よいんだから、

きっとモッテモテだっただろうし。。。

 

そしてもうひとつ驚いたこと。

見ている最中から見終わったその後も

ずばぬけて印象に残っている小田茜。

目をみはる美しさ、立ち居振る舞い、しぐさ、話し方、

どれをとっても これ以上の太夫がいるだろうか、と思うくらい

ほれぼれしてしまった。

本当ぉぉぉに演技がうまくて、

小田茜ってこんなにすごい女優だったっけ?って。

上戸彩には申し訳ないけれど

こっちを主人公にしたほうがよかったのでは??

とドラマが始まってすぐ思ってしまった。

こんなに完璧に演じられるなんて、

鈴木京香や宮沢りえくらいのレベルで

もっともっと認められていい女優さんなのでは?

もしまた別のドラマで小田茜が太夫をやるときは

絶対に観なくちゃ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« お風呂と虫の音。 | トップページ | 糸里後編。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 輪違屋糸里 前編 +新選組! +海猿:

« お風呂と虫の音。 | トップページ | 糸里後編。 »