« 2007 バレンタインのお返し | トップページ | 赤坂全日空ホテルのブッフェ »

2007年3月17日 (土)

リサとガスパール&ペネロペ展

P1020973

 

 

 

 

 

 

 

  

銀座の松屋でやっている「リサとガスパール&ペネロペ展」へ行ってきた。

ちょっと絵を見かけたこと位しかなかったけれど、

今日 行ってきて結構詳しくなった。

作者はパリに住む12歳差のドイツ人とフランス人夫婦。

同じ干支夫婦かぁ。ま、フランス人はそんなこと知らない(笑)。

説明を読む私の後ろで 関西のカップルが「すてきな夫婦やねぇ」と言っていた。

本当にそのとーりだなぁ。。。と思った。 羨ましい。。。

リサとガスはウサギかと思っていたけれど、

ウサギでも犬でもない想像上の生き物らしい。ムーミンみたい。

家族は同じ生き物だけれど、人間と同じように人間の学校に通い、

犬のペットを飼い、人間のお医者に行く、というような生活をしている。

そしてこれは前にも思ったことがあるけれど、

リサって帽子かぶるとまるっきりスヌーピーだよね。あれはいいの?

ま、かわいいからいいけど。

そしてリサはガスが登場するまで、1人で薄茶色の主人公だった事も知った。

会場には今回の展覧会のために書き下ろされた絵があったり、

日本が舞台の絵などもあり、思ったより見ごたえがあって楽しめた。

ほんわかできた。

驚いたのは、出口のあとにでてきたグッズ売り場の広い事!

美術展であんなにグッズ売り場が広いなんて初めてかも。

行ったのは夕方で、階段まで列が続いていたので

「うわ~!こんなに混んでるのぉ?」と思ったらレジ待ちだった。

会場には すぐ入れたけれど、レジはずぅぅぅっと長蛇の列で、

こりゃ、松屋は笑いが止まらないだろう と思った。

私は7:30過ぎに買い物をしたけれど

その頃やっと4~5人待ち、という状態だったので

遅い時間に行ってよかったなぁ、と思った。

小さい買い物をするとイラスト入りのビニールに入れてくれた。

カタカナのリサイクルプラマークがついていたので

これはきっとここだけのレア袋だと思う。

P1020974   

 

 

 

 

 

 

松屋をでて、三越前を歩いている19:40過ぎ、ほんの少し 小雪が舞った。

多分おしゃべりに夢中だったら気がつかないような

銀座4丁目の交差点にふわふわ降る小雪がとってもお洒落に見えた。

 

 

 

|

« 2007 バレンタインのお返し | トップページ | 赤坂全日空ホテルのブッフェ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リサとガスパール&ペネロペ展:

« 2007 バレンタインのお返し | トップページ | 赤坂全日空ホテルのブッフェ »